有料版ブライアンポートフォリオ第267号(4/23-4/27)

──────────────────────────────────────────

★☆★ 有料版ブライアンポートフォリオ第267号(4/23-4/27)★☆★

──────────────────────────────────────────

 

《20日大引》

◎日経平均  22162.24(- 28.94)

◎売買高   14.2億株

◎売買代金     2.4兆円

◎騰落レシオ  103.50%

◎25日線かい離 +2.89%

 

◎日経平均PER・・・12.98

◎日経平均1株利益・・・1707円

◎空売り比率・・・41.7%

◎日経平均VI・・・16.00(-0.89)

◎米10年債(指標銘柄)・・・2.951%(+0.031%)

◎長期国債349回債・・・0.055%(+0,020)

─────────

≪市場情報≫

RSC株、セルシード株、カーディナル株、サカイHD株の日々公表銘柄指定を解除 20日付。

ストライク株の貸借取引で注意喚起 貸株利用などで。20日付。

▽新規上場=〔東証マザーズ〕アイペット損害保険(7323、アイペット、金融・保険)、ベストワンドットコム(6577、ベストワン、サービス)は25日

─────────

≪20日 米国市場≫

・NYダウ  24462.94  -201.95

・ナスダック 7146.13   -91.93

・S&P500   2670.14   -22.99

・フィラデルフィア半導体指数  1270.83   -15.05

・VIX指数   16.88    +0.92

・日経先物3月限(円建て)22075円(大阪比 – 85円)

・NY原油先物WTI 1バレル=68.09ドル

 

20日のNYダウは3日続落。スマートフォンの販売鈍化が警戒され、アップルが急落した。米長期金利が約4年3カ月ぶりの水準に上昇したことで株式の割高感も意識され、幅広い銘柄に売りが出た。一時は下げ幅を290ドル近くに広げた。

─────────

・ドル円:107円30銭台、ユーロ円:132円30銭台(8時現在)

 

20日のNY外国為替市場で円相場は3日続落し、前日比30銭円安・ドル高の1ドル=107円60~70銭で取引を終えた。米長期金利が上昇し、日米金利差の拡大を手がかりとした円売りが優勢だった。対欧州通貨でドルが上昇したのも円相場の重荷となった。円は一時107円86銭と2月21日以来、およそ2カ月ぶりの円安・ドル高水準を付けた。

────────────

《21日(土)日経朝刊ニュース 主な見出し》

大型LNG投資再開シェルや三菱商事、1.5兆円で発注

 

原油3年半ぶり高値圏、70ドルに迫る 協調減産で在庫減

非核化、正恩氏の本気度探る。南北会談27日、米朝会談の行方も左右

内閣支持率急落総裁選、重み増す「地方票」

反保護主義米に響かず。G20、声明見送りへ 貿易摩擦悪化でも議論低調

米中摩擦半導体再編に影。クアルコム蘭社買収 審査長期化 車参入、崩れる思惑

粗鋼生産、2年ぶり減国内17年度0.3%減 設備不具合響く

任天堂「スイッチ」再起動。ゲームソフト「ラボ」発売段ボール模型で操作

日産、電動車比率5割へ国内販売 8年後めどに

ホトニクス、一転増益 10~3月最終16%増 光半導体伸び

東京製鉄、税引き益1%増前期単独

東ガス、純利益上振れ前期39%増 円高で原料費減少

新規上場のHEROZ注文集中、初値付かず

テックファム 今期営業益2倍

日銀、ETF買いに異変「ステルス縮小」市場に思惑

半導体株、軒並み下落スマホ向けなど需要減警戒

英ポンド相場が急落早期利上げ観測後退で

大型ばら積み船、用船料2倍に4月上旬比

─────────
≪今週の相場見通し≫

今週は決算発表シーズン入りとなるため、決算内容を見極めたいとする模様眺めムードは次第に高まりやすく、こう着感の強い相場展開が続きそうです。国内企業の決算では、24日の6594日本電産を皮切りに、8035東京エレクトロン、6954ファナック、6758ソニー、6981村田製作所等が予定されています。日経平均は5日線22038円が下値支持線となり75日線22219円の攻防となっております。価格帯別出来高では、22300円-22500円処では商いが積み上がっている水準であり、戻り待ちの売り圧力も意識されてきます。

 

米国では23日グーグル、25日フェイスブック、ツイッター、26日アマゾン、マイクロソフト、インテルが決算を控え、こちらも相場の波乱要因となる可能性がある。そして、5月第1週は営業日数2日のGWに入るカレンダー事情から、週後半は手控えムードを強めることになりそうです。

 

主なイベントでは、27日に米国第1四半期GDP速報値があり、ECB定例理事会、また国内では26~27日に日銀会合、5月1日~2日は米FOMCが開催されます。また27日に開催予定の韓国と北朝鮮による南北首脳会談がビッグイベントとして注目されます。

 

先週20日には米モルガン・スタンレーが、アイフォーン需要が弱含むと予想し、米アップル株とフィラデルフィア半導体株指数が下落しています。iPhone需要や半導体受注の先行きに対する市場の楽観的な見方が後退すると、関連ハイテク株は日経平均への寄与度が大きいだけに、相場の波乱要因となりかねないので、相場の流れは主力株を避けて

新興市場や小型株へと向かうことが予想されます。

 

※週明けは、前場の様子を見ながら短期銘柄を配信する予定です。

────────────────────────

≪短期推奨銘柄・フォロー (1日~1週間)≫

────────────────────────

【2193 クックパッド 100株】株価 663円 +44

 

買い指示 : 630円~650円付近の買い

目標値   : 688円~708円付近

ロスカット: 615円付近

 

目先は1/25高値681円を上抜き200日線708円を目指す動きを予想しています。

勢いがつき11/9の窓上限747円まで上昇してくれると理想的です。

 

「クックパッドが急反発 アマゾンとの提携を材料視」

20日付け四季報オンラインより

https://shikiho.jp/tk/news/articles/0/217636

─────────────

《直近ご紹介した銘柄より》

※推奨銘柄ではありません。

 

【3765 ガンホー 100株】株価 368円 +4

【5021 コスモエネルギー 100株】株価 3800円 +115

【3825 REMIX 100株】株価 991円 +87

【3656 Klab 100株】株価 1911円 +83

 

※週明け短期銘柄があれば相場の地合いを見ながら配信します。

————-株式投資のリスクについて————-

「当社の投資助言や情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。株式等の有価証券の取引に際しては、株式市場等の相場の変動や発行会社の信用状態の悪化、取引した有価証券の流動性の低下等により、損失を生じるおそれがあります。取引を開始する際または継続する際には、『リスクについて』の記載を十分にご理解の上行ってください。当社に対してお支払いいただく報酬の額につきましてはHP『会員コース説明』の記載をご参照ください。

関連記事

  1. ★BR前場レポート 3月29日(木) (11:00)

  2. ★BR前場レポート 5月28日(月) (11:00)

  3. ★BR銘柄レポート 5月7日(月)(10:30)

  4. ★BR大引レポート 5月23日(水) (18:30)

  5. ★BR大引レポート 5月21日(月) (18:20)

  6. ★BR推奨銘柄レポート 9月14日(金) (9:30)

  7. ★BR大引レポート6月20日(水)(18:10)

  8. ★BR銘柄レポート 4月11日(水) (8:50)

ブライアン投資顧問 無料コンテンツ

ブライアン投資顧問無料メルマガ

株式投資の極意、相場のバイブルを無料提供!

ブライアン投資顧問Youtube

相場状況、日経平均のチャート分析、注目銘柄などをわかりやすく解説しています。

ブライアン投資顧問公式ブログ

畠添武士のマーケットリサーチ。相場観とテクニカル分析で株式市場を斬る!日本株、短期銘柄を中心に情報提供!

ブライアン投資顧問 会員プラン

ブライアン投資顧問 会員プラン

相場環境(地合い)や個別材料などを元にテクニカル分析を駆使し、今後上昇する可能性の高いと見込まれる銘柄をご提案。資金効率重視で短期勝負の方向けにデイトレ~5営業日の利益確定を目標とし、買値から5%UPを目標と致します。

新着記事

  1. 畠添武士の独り言

    3/23(金)(15:00)今週もお疲れさまでし…
  2. 畠添武士の独り言

    3/22(木)(13:30)休み明け、QRコード…
  3. 畠添武士の独り言

    休み明けの注目株
  4. 畠添武士の独り言

    休み明けの短期銘柄配信します

コラム:カテゴリー