銅の国際価格反発 メキシコ関税見送りで買い

銅の国際価格反発 メキシコ関税見送りで買い

[12日(木)日経朝刊記事 「5706 三井金」関連記事]

銅の国際相場が反発した。指標となるロンドン金属取引所(LME)の3カ月先物は10日に1トン5874ドルと前週末から75ドル(1%)上昇した。11日夕時点では5930ドル前後で推移している。米国がメキシコ製品への追加関税を見送ったことで製造業での銅需要の減退懸念が和らぎ、買いが優勢となった。
トランプ米大統領は7日、10日の発動を予定していたメキシコ製品に対する5%の追加関税を無期限で見送ると表明した。米国の関税政策が中国以外にも広がることで製造業の銅需要が世界的に落ち込むとの懸念が後退。ファンドなどの投機筋が買い戻したことで相場が反発した。
トランプ米大統領は米中首脳会談の開催に意欲を示しているが両国の対立が続くとの懸念は根強い。「市場はリスクオフの姿勢を維持しており、銅相場の上昇は一時的だ」(住友商事グローバルリサーチの本間隆行経済部長)との声が優勢だ。

関連記事

  1. ★BR大引レポート8月20日(月)(17:30)

  2. ★BR大引レポート 10月10日(水) (18:40)

  3. ★BR推奨銘柄レポート 6月8日(金) (9:30)

  4. ★BR大引レポート 9月27日(木) (18:00)

  5. ★BR A会員 前場レポート6月7日(金)(11:30)

  6. ★BR銘柄レポート 3月12日(火) (10:30)         …

  7. ★BR大引けレポート 2月18日(月) (18:10)

  8. ★BR銘柄レポート 4月23日(月) (11:10)

ブライアン投資顧問 無料コンテンツ

ブライアン投資顧問無料メルマガ

株式投資の極意、相場のバイブルを無料提供!

ブライアン投資顧問Youtube

相場状況、日経平均のチャート分析、注目銘柄などをわかりやすく解説しています。

ブライアン投資顧問公式ブログ

畠添武士のマーケットリサーチ。相場観とテクニカル分析で株式市場を斬る!日本株、短期銘柄を中心に情報提供!

ブライアン投資顧問 会員プラン

ブライアン投資顧問 会員プラン

相場環境(地合い)や個別材料などを元にテクニカル分析を駆使し、今後上昇する可能性の高いと見込まれる銘柄をご提案。資金効率重視で短期勝負の方向けにデイトレ~5営業日の利益確定を目標とし、買値から5%UPを目標と致します。

新着記事

  1. 畠添武士の独り言

    3/23(金)(15:00)今週もお疲れさまでし…
  2. 畠添武士の独り言

    3/22(木)(13:30)休み明け、QRコード…
  3. 畠添武士の独り言

    休み明けの注目株
  4. 畠添武士の独り言

    休み明けの短期銘柄配信します

コラム:カテゴリー