有料版ブライアンポートフォリオ 第371号(3/2~3/6)

───────────────────────────────────

★☆★ 有料版ブライアンポートフォリオ 第371号(3/2~3/6)★☆★

───────────────────────────────────

《28日大引》

◎日経平均 21142.96(-805.27)

◎売買高   24.2億株

◎売買代金  4.2兆円

◎騰落レシオ 53.30%

◎25日線かい離 (−9.02%)

◎日経平均PER・・・13.05

◎日経平均1株利益・・・1624円

◎空売り比率・・・44.5%

◎新安値銘柄・・・791銘柄

◎日経平均VI・・・42.81(米VIX指数40.11)

◎米10年債 ・・・1.152%

◎10年国債357回債・・・-0.160%(-0.050)

─────────

≪市場情報≫

日証金、フィスコ株の貸借取引で注意喚起 貸株利用などで。

▽新規上場=〔東証マザーズ〕Kids Smile Holdings(7084、キッズSHD、サービス)は3月4日

▽監理銘柄に指定=〔東証2部〕省電舎HDは3月1日

▽整理銘柄に指定=〔東証2部〕小島鉄は28日(上場廃止は3月29日)

─────────

≪28日 米国市場≫

・NYダウ 25409.3 -357.28

・ナスダック 8567.37 +0.89

・S&P500 2954.22 -24.54

・CME日経先物3月限(円建て)21015円(大阪比- 65円)

・NY原油先物WTI1バレル=45.27

・ドル円:108円00銭台、ユーロ円:119円10銭台(8時現在)

 

28日のNYダウは7日続落si2019年6月4日以来 ほぼ9カ月ぶりの安値で終えた。新型コロナウイルスの感染拡大で世界経済が停滞するとの懸念が一段と強まった。ただ、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が午後に発表した声明を受け早期の利下げの思惑が高まると、相場は下げ幅を縮めた。

 

ダウ平均の7日続落は2018年6月半ば以来1年8カ月ぶり。週間の下げ幅は3583ドル程度と、リーマン・ショック直後の2008年10月6~10日(1874ドル)を上回って過去最大となる。(日経記事より)

─────────

≪今週の相場見通し≫

今週(3/2~3/6)の日経平均は、心理的な節目となる21000円の攻防が予想されます。先週は節目の200日線22194円や、月足の12カ月線や24カ月線の位置する22000円などを大きく割り込み、200日線も右肩下がりへ変化しました。今回の急落は新型コロナウィルスの終息の見通しが立たないことで、日本経済、しいては世界経済への影響が読みにくいところが不安心理をあおっています。

PBR1倍の20700円前後が 2013年以降のアベノミクス相場の下値のめどとして意識される水準です。

ここも割り込むと、今回の上昇相場のスタートラインである昨年8月安値20110円と2万円付近とみています。

今回の急落は米国市場では2008年のリーマンショック級の下げとの見方もあり、山高ければ・・・の今までの巻き戻しの流れとなっています。

 

休み中のネガティブサプライズとしては 中国国家統計局が29日(土)に発表した2月PMIが35と、市場予想を大きく下回りました。市場がこの数字をどう評価するか。

 

※週末の株価材料は下記より↓

28日のPTS注目ポイント=gumi、JMDC、ナビタス、シミックHD、手間いらずなど

(02/28 17:35株式新聞より)

https://www.morningstar.co.jp/market/2020/0228/stock_03919.html

────────────────

◎YOUTUBEの相場状況の動画一覧はこちらから

動画では、気になる日経記事や、チャート分析や、IPOなど注目銘柄情報などについて解説しています。

https://www.youtube.com/channel/UCc0hzLnnT9rk3fCyWLxN2BA?view_as

※Youtubeでチャンネル登録されますと、動画UPの通知が登録アドレスに配信され、閲覧しやすくなります。

─────────────────

《週明けの注目銘柄》(私の本音の部分)

 

テクニカル面では 日経平均の騰落レシオ28日の53%台は アベノミクス相場では安値更新ではないかと思われる総弱気ともいえる数字です。また25日線かい離は−9.02%(-10%以上は目先リバウンドが近い)や、安値銘柄791銘柄(過去、新安値銘柄1000銘柄以上が大底圏)からも短期的なリバウンドが生じやすいタイミングとなっています。

 

「週明け まだ落ちるナイフかもしれない場面では買いたくない」とか、「まだ先行き安値があるからそれまで待つ」と弱気の方は嵐が過ぎるのを待った方がいいかもしれません。私はリーマンショックの2008年9月~2008年10月末大底6997円を付けた時には証券界にはいませんでしたが、下げの途中では毎日 大幅安、大幅リバウンドを繰り返していました。今回、米国市場の市場関係者のコメントでは、2月末までの急落場面は2008年のリーマンショック以来経験がないとの声が印象的でした。

 

今週もし日経平均が PBR1倍の水準20700円前後(2013年以降のアベノミクス相場の下値のめどとして意識される水準)も大きく下回った場合、上昇相場の終焉も可能性としてあります。

 

今回のコロナウィルスの問題で、インバウンド(海外投資家来日)大幅縮小が 日本経済に与えるダメージは甚大だとみています。ですので 今後 米国株のリバウンド場面でも 日本株は本格的な戻りが期待できるのだろうか?と疑問符が付きます。海外投資家が日本株を素通りするのではないかといった懸念です。

週明け3/2からの大きな戻りがあれば短期銘柄配信する予定です。

———————–株式投資のリスクについて————-

「当社の投資助言や情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。株式等の有価証券の取引に際しては、株式市場等の相場の変動や発行会社の信用状態の悪化、取引した有価証券の流動性の低下等により、損失を生じるおそれがあります。取引を開始する際または継続する際には、『リスクについて』の記載を十分にご理解の上行ってください。当社に対してお支払いいただく報酬の額につきましてはHP『会員コース説明』の記載をご参照ください。

■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■

ブライアン投資顧問 【福岡財務支局長(金商) 第76号】

株式会社ディーティーシー  担当 畠添

福岡市博多区博多駅前4-4-21グリーンビル6F

URL:http://www.bullbear-dtc.com/

TEL:092-432-6693

info@bullbear-dtc.com

関連記事

  1. ★BR大引レポート 8月23日(木)(17:50)

  2. ★BR大引レポート 8月6日(月) (18:00) 

  3. 有料版ブライアンポートフォリオ 第301号(12/17-12/21)

  4. ★BR大引レポート 11月7日(水)(17:40)  

  5. ★BR A会員大引レポート12月4日(水)(18:40)

  6. ★BR大引レポート 7月25日(水) (18:00)

  7. ★BR推奨銘柄フォローレポート 9月26日(水) (9:10)

  8. ★BR A会員 大引レポート8月13日(火)(18:30)

ブライアン投資顧問 無料コンテンツ

ブライアン投資顧問無料メルマガ

株式投資の極意、相場のバイブルを無料提供!

ブライアン投資顧問Youtube

相場状況、日経平均のチャート分析、注目銘柄などをわかりやすく解説しています。

ブライアン投資顧問公式ブログ

畠添武士のマーケットリサーチ。相場観とテクニカル分析で株式市場を斬る!日本株、短期銘柄を中心に情報提供!

ブライアン投資顧問 会員プラン

ブライアン投資顧問 会員プラン

相場環境(地合い)や個別材料などを元にテクニカル分析を駆使し、今後上昇する可能性の高いと見込まれる銘柄をご提案。資金効率重視で短期勝負の方向けにデイトレ~5営業日の利益確定を目標とし、買値から5%UPを目標と致します。

新着記事

  1. 畠添武士の独り言

    3/23(金)(15:00)今週もお疲れさまでし…
  2. 畠添武士の独り言

    3/22(木)(13:30)休み明け、QRコード…
  3. 畠添武士の独り言

    休み明けの注目株
  4. 畠添武士の独り言

    休み明けの短期銘柄配信します

コラム:カテゴリー