有料版ブライアンポートフォリオ 第297号(11/19-11/22)

───────────────────────────────────

★☆★ 有料版ブライアンポートフォリオ 第297号(11/19-11/22)★☆★

───────────────────────────────────

 

◇◆◆◇ THE 相場観・畠添武士の株式投資情報 ◆◇◇◆

 

《16日大引》

 

◎日経平均  21680.34(-123.28)

◎売買高   14.2億株

◎売買代金  2.5兆円

◎騰落レシオ 86.03%

◎25日線かい離-1.59%

 

◎日経平均PER・・・12,21

◎日経平均1株利益・・・1775円

◎空売り比率・・・46.0%

◎日経平均VI・・・22.60(0)

◎米10年債(指標銘柄)・・・3.076%(-0,042)

◎長期国債352回債・・・0.100%(-0.005)

─────────

≪市場情報≫

IPS株の日々公表銘柄指定を解除

新株落ち=〔東証1部〕ファンケル、SI、ソースネクス、リソー教育〔東証2部〕エスビー〔東証マザーズ〕RPA〔ジャスダック〕昭栄薬品、エヌアイデイは28日

─────────

≪16日米国市場≫

・NYダウ   25413.22  +123.95

・ナスダック 7247.87   -11.16

・S&P500 2736.27  +6.07

・VIX指数    17.36    +0.64

・フィラデルフィア  1229.05   -23.18

・日経先物9月限(円建て)21745円 (大阪比 + 95)

・NY原油先物WTI 1バレル=  56.46

・ドル円:112円70銭台、ユーロ円:128円70銭台(8時現在)

 

16日のNYダウは続伸。米中の貿易摩擦への懸念の後退や米長期金利の低下を受けて、株買いが優勢となった。(日経より)

───────────

《日経朝刊ニュース 主な見出し》

中ロが握る原発市場。2000年以降稼働の6割 軍事技術に直結、警戒感も

EV中国勢、国策テコ先行。市場急拡大、新規制1月開始 外資に後発強いる

英離脱 政局絡み混迷 メイ氏の不信任投票探る 強硬派、代替案は示さず英。ポンドに売り圧力

3.5兆円 「独身の日」アリババ爆売り

封書・はがき 平日のみ配達。日本郵便が要望、翌日配達も縮小

米年末商戦、1兆ドルへ売上高、初の大台見通し。ネット通販けん引 年初、消費減速も

半導体装置、業績踊り場。日本の3社、通期予想を下方修正 米中摩擦・投資遅延が重荷

任天堂株が一時11%安 米半導体の販売減 警戒

アップル 景色は秋の風。ハイテク株ブームに陰り

RIZAP、2日連続ストップ安赤字転落で見切り売り

原油、年末向け底入れ探る。供給懸念薄れ1年ぶり安値圏 米中会談とOPEC焦点

55歳からの長期投資戦略。株比率、徐々に引き下げ (以上17日(土))

//////////

小粒になった日本企業。「寿命」突出の89年 成長鈍く

2025年万博の開催国決定(23日) 大阪、投票で2度目狙う

ドルの独歩高続く 米国外は懸念拭えず

下期業績 悲観行きすぎ?企業、貿易摩擦恐れ慎重市場は好調維持との見方

減益目立った証券決算 個人投資家「休むも相場」(以上18日(日))

────────────────────────

≪今週の相場予想≫

 

16日のNY外国為替市場でドル円112円80銭台へ上昇。FRBのクラリダ副議長の発言を受け利上げペースが加速するとの観測が後退し、また米長期金利の低下も日米金利差の縮小観測につながり円高へと向かいました。

 

今週は22日(木)が感謝祭でNY市場が休場、東京市場も23日(金)は勤労感謝の日で3連休となることから、買い手控えムードが週末にかけて強まる可能性があります。

 

先週は米半導体の最大手エヌビディアやアップルなどの主力株が大きく下落した影響で、週末はハイテク株を中心に軟調な展開となりました。

 

ヘッジファンドの「45日ルール」を15日に通過したことや、海外投資家が2週連続の現物買い越しだったことも需給面で好材料です。米国ではクリスマス商戦の前哨戦とも言われるブラックフライデーを23日、サイバーマンデーを26日に控えて、市場のムードが心理的に好転する可能性がある。

 

今週のマザーズ市場は引き続き上値の重い展開となりそうです。12月が例年どおりIPOラッシュになる見込みで、これに備えた換金売りが個人投資家から出てくることが予想されます。

───────────

『減益目立った証券決算 個人投資家「休むも相場」』

(18日(日)日経より(一部抜粋))

https://www.nikkei.com/paper/article/?b=20181118&ng=DGKKZO37843770W8A111C1TM3000

米国のダウ工業株30種平均は中間選挙後には高くなる傾向がある。46年から14年までの18回の中間選挙後を平均すると、選挙直前の10月末を100として11月末に102.4、12月末に104.1と上昇が続き、翌年8月末に118.2、12月末に119.6となっている。一度も値下がりしたことはない。日本の株価が同様の軌跡を描くかどうかはわからないが、米中間選挙直前の10月末から翌年末にかけての日経平均の上昇率は戦後17回の平均で17.4%、騰落は11勝6敗となっている。

───────────

◎YOUTUBEの相場状況の動画一覧はこちらから↓

https://www.youtube.com/channel/UCc0hzLnnT9rk3fCyWLxN2BA?view_as

動画では、日経平均のチャート分析や、人気銘柄のチャート分析などについて解説します。

※Youtubeでチャンネル登録されますと、動画UPの通知が登録アドレスに配信され、閲覧しやすくなります。

─────────────────

≪監視銘柄 NEW≫

【6871 日本マイクロニクス】株価811円+6

 

14日の好決算を好感して出来高伴い15日、16日と上昇しました。一目雲上828円を終値で上回ることができる(一目三役好転できる)かどうか注目していきます。

半導体プローブカード(計測器具)で世界トップ。14日に発表した2018年9月期は、売上高が301億円(前々期比5.7%増)、営業利益が32億円(同111%増)と営業利益が急好転。配当は15円→19円へ増配。問題点は先行きの半導体需給が読みにくいところです。

───────

【9984 ソフトバンクG】株価8802円-307

 

ソフトバンクGと7974任天堂の16日の急落は米エヌビディア株急落の影響でした。

「ソフトバンクと任天堂が安い 米エヌビディア株急落で」

https://www.ig.com/jp/market-news-and-analysis/market-focus/2018/11/16/_softbank-and-nintendo-shares-fall-as-nvidia-plunges-after-missi

ただ新規公開株の振り出し株消化のためにはソフトバンクの上昇が必要なので、どのタイミングで切り返すか注目しています。

───────

高値圏の銘柄で今週注目しているのは【4592サンバイオ】、【3668コロプラ】、【3186ネクステージ】などです。

 

また今週、21日(水)訪日外国人客数が発表されますが、関連銘柄で【6561HANATOUR】に注目していきます。

 

19日付けの株式新聞新興市場欄からは、好業績銘柄で【6556ウェルビー】、【6046リンクバル】、【6030アドベンチャー】などが記載されていました。ご参考まで。

————-株式投資のリスクについて————-

「当社の投資助言や情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。株式等の有価証券の取引に際しては、株式市場等の相場の変動や発行会社の信用状態の悪化、取引した有価証券の流動性の低下等により、損失を生じるおそれがあります。取引を開始する際または継続する際には、『リスクについて』の記載を十分にご理解の上行ってください。当社に対してお支払いいただく報酬の額につきましてはHP『会員コース説明』の記載をご参照ください。

関連記事

  1. 有料版ブライアンポートフォリオ第264号(4/2-4/6)

  2. ★BR A会員 前場レポート8月21日(水)(11:30)

  3. ★BR銘柄レポート 3月30日(金) (10:00)

  4. 有料版ブライアンポートフォリオ 第365号(1/20~1/24)

  5. ★BR前場レポート 7月20日(金) (11:50)

  6. ★BR前場レポート 4月20日(金)(11:30)

  7. ★BR A会員 大引レポート6月19日(水)(18:00)

  8. ★BR銘柄レポート 8月9日(木) (10:00) 

ブライアン投資顧問 無料コンテンツ

ブライアン投資顧問無料メルマガ

株式投資の極意、相場のバイブルを無料提供!

ブライアン投資顧問Youtube

相場状況、日経平均のチャート分析、注目銘柄などをわかりやすく解説しています。

ブライアン投資顧問公式ブログ

畠添武士のマーケットリサーチ。相場観とテクニカル分析で株式市場を斬る!日本株、短期銘柄を中心に情報提供!

ブライアン投資顧問 会員プラン

ブライアン投資顧問 会員プラン

相場環境(地合い)や個別材料などを元にテクニカル分析を駆使し、今後上昇する可能性の高いと見込まれる銘柄をご提案。資金効率重視で短期勝負の方向けにデイトレ~5営業日の利益確定を目標とし、買値から5%UPを目標と致します。

新着記事

  1. 畠添武士の独り言

    3/23(金)(15:00)今週もお疲れさまでし…
  2. 畠添武士の独り言

    3/22(木)(13:30)休み明け、QRコード…
  3. 畠添武士の独り言

    休み明けの注目株
  4. 畠添武士の独り言

    休み明けの短期銘柄配信します

コラム:カテゴリー