有料版ブライアンポートフォリオ 第301号(12/17-12/21)

───────────────────────────────────

★☆★ 有料版ブライアンポートフォリオ 第301号(12/17-12/21)★☆★

───────────────────────────────────

 

◇◆◆◇ THE 相場観・畠添武士の株式投資情報 ◆◇◇◆

 

《14日大引》

 

◎日経平均  21374.83(-441.36)

◎売買高   18.7億株

◎売買代金  3.1兆円

◎騰落レシオ 82.04%

◎25日線かい離 -2.07%

◎日経平均PER・・・11.97

◎日経平均1株利益・・・1785円

◎空売り比率・・・46.9%

◎日経平均VI・・・21.69(+2.10)

◎米10年債(指標銘柄)・・・2.891%(-0,020)

◎長期国債352回債・・・0.030%(-0.020)

─────────

≪市場情報≫

▽新規上場=〔東証1部〕ソフトバンク(9434、SB、情報・通信)〔東証マザーズ〕Kudan(4425、情報・通信)は19日▽指定変更=〔ジャスダック〕セグエGは21日から2部▽監理銘柄に指定=〔東証1部〕ホシザキは14日▽新株落ち=〔東証1部〕多木化、竹本容器、ポールHD、OBC、エラン〔東証2部〕クリヤマHD、ニーズウェル〔東証マザーズ〕JMC、リビング保証、パルマ、HEROZ、アイピーエス〔ジャスダック〕太陽工機、SIGは26日

─────────

≪14日米国市場≫

・NYダウ  24100.51  -496.87

・ナスダック 6910.67  -159.67

・S&P500  2599.95   -50.59

・VIX指数   21.63    +0.98

・フィラデルフィア1177.57   -17.02

・CME日経先物12月限(円建て)21225円 (大阪比 – 75)

・NY原油先物WTI 1バレル=  51.23

・ドル円:113円30銭台、ユーロ円:128円10銭台(8時現在)

 

14日のNYダウは3日ぶりに大幅に反落し、5月上旬以来ほぼ7カ月ぶりの安値で終えた。中国や欧州の景気減速を示す経済指標を受け世界経済の先行き不透明感が改めて広がった。投資家が運用リスクを回避する姿勢を強め、幅広い銘柄が売られた。

 

14日のNY外国為替市場で円相場は反発。世界経済の減速観測や米株安を受けて、投資家のリスク回避姿勢が強まり低金利で投資資金の調達通貨とされる円買いが優勢となった。

 

中国の11月の小売売上高が15年半ぶりの低水準となり、工業生産も低調だった。欧州では12月のユーロ圏の購買担当者景気指数(PMI、速報値)が市場予想以上に悪化し、世界経済の先行き不透明感が高まった。 (日経より)

───────────

《15日(土)日経朝刊ニュース 主な見出し》

 

税制大綱、10月消費増税へ対策厚く。車・住宅など減税

中国、米車追加関税を1~3月停止 摩擦緩和へ譲歩

来年度 実質1.3%成長政府、下方修正 高い見通し維持

ファーウェイ10兆円経済圏、供給網に影日本企業5000億円納入

長期金利が低下、5カ月ぶり0.025%

車保有、最大年4500円減税 与党税制大綱。購入時も1%軽く、消費者負担に配慮

ポイント還元、FCは2% 政府方針

景気先行き警戒感強く 12月日銀短観 企業、関税リスク注視

臨時国会が閉幕。入管法など成立、変わる生活

スマホ決済、顧客争奪戦。ペイペイ還元、10日間で終了/LINEも追随 企業乱立、決め手欠く

キャッシュレス「東高西低」 スイカ普及けん引/現金志向根強く 本社・日経BP調査

QR決済「知らない」8割 日本の出遅れ鮮明に

ソフトバンク、19日上場 証券各社は背水の陣 応募倍率2倍弱

日本勢の有機ELテレビ販売来年、世界で100万台突破へ

家計の負担に配慮。住宅購入支援 減税3年延長、給付金・ポイントも

中国、消費・生産に打撃。貿易戦争で先行き不安 景気対策の方針近く策定

食品20社、業績頭打ち。今期営業増益率1%に鈍化 値下げ圧力・物流コスト

アスクル、純利益91%減 6~11月、配送費膨らむ

ペプドリ、営業益5割増 来期単独

「株しかない」の終幕。投資効率悪化、債券に分散

欧州関連株に売り圧力 緩和終了を改めて意識

日本国債、海外勢が買い 2~8日 中長期債、買越額最大に

マーケットの話題 亥年は底堅い? 懸念は選挙

────────────────────────

≪今週の相場予想≫

 

14日のメジャーSQ値は21618.88円だったが、日経平均終値は441円安の21374円とSQ値を下回った。

14日寄前発表の12月の日銀短観は、大企業・製造業の業況判断DIが前回9月調査と同じプラス19と市場予想のプラス17を上回ったが、次回予想は15(市場予想17)となり先行きが懸念された。また中国11月の小売売上高が2003年5月以来、同鉱工業生産が3年ぶりの低い伸びとなり中国経済リスクが意識された。

 

14日のNYダウは、中国に続くユーロ圏の経済指標の低下から世界経済の減速懸念が再燃して496ドル安と3日ぶりの大幅反落となりました。世界的な株式相場の乱高下が続くうちは個人投資家も慎重姿勢を強めそうです。

 

今週の新興市場では、マザーズ指数が引き続き軟調な展開となりそうです。今週はIPOラッシュがピークを迎えることから、指数に影響のない新規上場銘柄に資金が向かいやすい面もあります。過去最大級のIPOとして注目されるソフトバンク<9434>の動向が個人投資家のマインドや需給に大きな影響を与えることが予想されます。

──────────

◎YOUTUBEの相場状況の動画一覧はこちらから↓

https://www.youtube.com/channel/UCc0hzLnnT9rk3fCyWLxN2BA?view_as

※Youtubeでチャンネル登録されますと、動画UPの通知が登録アドレスに配信され、閲覧しやすくなります。

────────────────────────

≪ 監視銘柄・NEW (1日~1週間) ≫

────────────────────────

【6184 鎌倉新書】  株価1327円 +160

 

全体的な地合いがあまりよくないので、好業績小型成長株の押し目狙いです。

 

13日の決算発表を好感して14日出来高伴い急騰。出来高398万株は3/26以来です。

終値で一目雲上限1281円を上抜き、一目三役好転しました。

これが新たにご紹介した理由です。

 

19年1月期について、予想売上高を従来の22億円から25億円(前期の単体実績は17億900万円)に、営業利益を5億2000万円から7億4000万円(同4億500万円)にそれぞれ引き上げている。お墓・葬祭・仏壇事業ともに計画より大幅に成約数が増加していることがその要因。19年1月期第3四半期累計(18年2-10月)は、売上高17億9900万円(連結財務諸表の作成は第1四半期末からのため増減比較はない)、営業利益5億2400万円で、営業利益は従来の通期予想を超過した。

────────────────────────

≪ 監視銘柄・フォロー (1日~1週間) ≫

────────────────────────

IPO【4423 アルテリア】株価 1285円 +25

 

14日終値は陽線高値引けで3日連続陽線と勢いは感じます。13日高値1300円を上抜くと勢いは続くかもしれませんが、いつ初押しがあってもおかしくないので、マネーゲームと割り切ることが必要です。

————-

【7859 アルメディオ】株価 196円 -9

12日安値195円を割りこんだら反発のタイミング待ちで監視していきます。

————-株式投資のリスクについて————-

「当社の投資助言や情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。株式等の有価証券の取引に際しては、株式市場等の相場の変動や発行会社の信用状態の悪化、取引した有価証券の流動性の低下等により、損失を生じるおそれがあります。取引を開始する際または継続する際には、『リスクについて』の記載を十分にご理解の上行ってください。当社に対してお支払いいただく報酬の額につきましてはHP『会員コース説明』の記載をご参照ください。

関連記事

  1. ★BR銘柄フォロー レポート 10月11日(木) (9:00)

  2. ★BR大引レポート 10月22日(月) (17:40)

  3. ★BR前場レポート 3月29日(木) (11:00)

  4. ★BR前場レポート 9月19日(水) (11:40)

  5. 有料版ブライアンポートフォリオ 第294号(10/23-11/2)

  6. ★BR銘柄レポート 8月20日(月) (9:40)

  7. 有料版ブライアンポートフォリオ 第299号(12/3-12/7)

  8. ★BR寄り前レポート 2月7日(木) (8:50)

ブライアン投資顧問 無料コンテンツ

ブライアン投資顧問無料メルマガ

株式投資の極意、相場のバイブルを無料提供!

ブライアン投資顧問Youtube

相場状況、日経平均のチャート分析、注目銘柄などをわかりやすく解説しています。

ブライアン投資顧問公式ブログ

畠添武士のマーケットリサーチ。相場観とテクニカル分析で株式市場を斬る!日本株、短期銘柄を中心に情報提供!

ブライアン投資顧問 会員プラン

ブライアン投資顧問 会員プラン

相場環境(地合い)や個別材料などを元にテクニカル分析を駆使し、今後上昇する可能性の高いと見込まれる銘柄をご提案。資金効率重視で短期勝負の方向けにデイトレ~5営業日の利益確定を目標とし、買値から5%UPを目標と致します。

新着記事

  1. 畠添武士の独り言

    3/23(金)(15:00)今週もお疲れさまでし…
  2. 畠添武士の独り言

    3/22(木)(13:30)休み明け、QRコード…
  3. 畠添武士の独り言

    休み明けの注目株
  4. 畠添武士の独り言

    休み明けの短期銘柄配信します

コラム:カテゴリー