有料版ブライアンポートフォリオ 第320号(5/7~5/10)

───────────────────────────────────

★☆★ 有料版ブライアンポートフォリオ 第320号(5/7~5/10)★☆★

───────────────────────────────────

◇◆◆◇ THE 相場観・畠添武士の株式投資情報 ◆◇◇◆

 

《4月26日大引》

◎日経平均  22258.73(− 48.85)

◎売買高   13.1億株

◎売買代金  2.5兆円

◎騰落レシオ 90.19%

◎サイコロ    9勝3敗 〇〇〇〇〇●〇〇〇●〇●

◎25日線かい離 +2.04%

◎日経平均PER・・・12.63

◎日経平均1株利益・・・1762円

◎空売り比率・・・44.9%

◎日経平均VI・・・16.76(+0.90)

◎米10年債(指標銘柄)・・・2.477%(-0.053)

◎長期国債354回債・・・-0.050%(-0.015)

─────────

≪市場情報≫

医学生物株を日々公表銘柄に指定

環境管理株の信用委託保証金率を5月7日売買分から50%以上(うち現金20%以上)とする。

▽上場廃止=〔東証1部〕スターマイカは5月29日

─────────

≪7日米国市場≫

・NYダウ 26438.48(-66.47)

・ナスダック 8123.289(-40.707)

・S&P500 2932.47(-13.17)

・CME日経先物6月限(円建て)22205円 (26日大阪終値22250円)

・NY原油先物WTI1バレル= 62.25ドル(+0.31ドル)

・ドル円:110円70銭台、ユーロ円:124円00銭台(8時現在)

 

6日夕のシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の時間外取引で、米株価指数先物が下落している。ダウ工業株30種平均先物で流動性の高い「Eミニ・ダウ先物」の6月物は6日の清算値を195ドル下回る2万6210ドルを付ける場面があった。取引終了後に米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表が対中関税の引き上げを表明したのを受け、米中貿易摩擦の激化への警戒感が改めて強まった。

 

6日のNY外国為替市場で円相場は続伸。トランプ米大統領が5日に対中関税の引き上げを表明し、米中摩擦への警戒感が再燃した。リスク回避時に買われやすい円が上昇した。ただ最終的には米中が合意に達するとの期待は根強く、伸び悩んで終えた。(日経より)

───────────

《4/27~今日までの株価材料(日経記事参考)》

 

6日のNY債券、続伸 10年債利回り2.47% 米中摩擦懸念でリスク回避の買い

6日のNY原油が続伸 中東情勢の緊迫化を警戒

米「関税上げ10日に実施」表明 中国は協議継続に意欲

日朝会談、首相「条件付けずに」日米首脳が電話協議

千代建(6366)に1500億円支援 三菱商(8058)、三菱UFJ銀と LNG設備輸出の試金石に

米、対中関税25%に上げ トランプ大統領が表明

米欧企業、2年半ぶり減益 1~3月、自動車・ITが苦戦 中国勢は微増益

EU、米アップル調査へ 音楽配信巡り FT報道

M&A、割高感強まる 価格水準「危機前」超える、将来の減損懸念も

米車3社、1~3月業績悪化 FCAは47%減益 中国不振、頼みの北米失速

米失業率、49年ぶり低水準 4月就業者26万人増 雇用堅調、景気下支え

トランプ氏、FRB人事再考 実業家に続き側近起用も断念

トヨタ(7203)、2号ファンド立ち上げ 米国でAI投資加速

英地方選、与党大敗へ EU残留派伸びる、メイ首相に辞任圧力

ソフトバンクG(9984)「10兆円ファンドのIPO検討」米紙報道

5G特許出願、中国が最大 世界シェア3分の1、自動運転など主導権狙う

米FRB、金利据え置き 利上げ停止長期化も

GAFA、陰る成長 1~3月の増収鈍化 中核事業、互いに侵食も

クアルコム、4~6月大幅増収に アップルとの和解金で

ファーウェイ、2位に再浮上 1~3月のスマホ出荷

新興国危機、備え強化 日中韓・ASEAN、円・元も交換対象

イラン原油、禁輸開始 米、日本の除外打ち切り

 

アップル、業績回復に道筋 音楽配信・サービス伸び 1~3月減収減益、中国が回復基調

ファーウェイ、年内にもテレビ参入 5G・8Kに対応へ

ディスコ(6146)、4~6月4割営業減益 スマホ向け受注伸びず

バフェット氏、米石油会社の買収争奪戦に1兆円

中国PMI0.4ポイント低下 4月、2カ月ぶり悪化

 

新天皇陛下、即位 「令和」幕開け 退位礼、皇居で厳かに

グーグル、広告収入に陰り 1~3月最終利益29%減、規制当局の目厳しく

サムスン「総崩れ」、1~3月6割減益 パネル3年ぶり赤字

ユーロ圏1.5%成長 1~3月年率、個人消費が堅調

中国ZTE、1~3月黒字転換 売上高は19%減

「日本、対米投資4.4兆円」 トランプ氏が主張、詳細不明(日経、以上4月29日)

NTTドコモ(9437)、通信高収益、曲がり角 値下げで今期営業2割減

米1~3月成長率、3.2%に加速 輸出増が押し上げ 消費減速、先行き懸念も

ソニー(6758)、前期営業最高益 2年連続、ゲームなど堅調

Jディスプレ(6740)金融支援の台湾2社、機関決定を延期

日立(6501)、収益の柱明確に 開示区分、子会社を分離、今期営業、3期連続最高益

信越化(4063)の前期純利益、2期連続最高 ウエハー、年明け減速感も

富士通(6702)、前期純利益38%減の1045億円 構造改革費重く

JAL(9201)、今期最終減益に

キリンHD(2503)、今期純利益62%減に下方修正 豪子会社の減損響く

マクセルHD(6810)、今期年配286円に増額

村田製(6981)、今期純利益18%減 スマホ向け電子部品不振

東エレク(8035)、今期34%の最終減益 半導体製造装置が苦戦

JR西日本(9021)、前期純利益7%減 豪雨災害など影響

───────────

『トランプ大統領は5日、中国との通商協議の進捗が遅いことに不満を示し、2000億ドル相当の中国製品に対する関税を10日から現在の10%か ら25%に引き上げると表明。さらに、追加関税の対象になっていない3250億ドル相当の中国製品に「近く」25%の関税を発動する考えを示した。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は関係筋の話として、トランプ大統領のコメントを受けて中国が今週の協議を取りやめることを検討していると報じた。

トランプ大統領の投稿を受けて6日のアジア市場でドル円は110円28銭まで下落した。連休明け6日の中国上海総合指数は、前営業日比5.58%安と急反落。下落率は今年最大で、2月下旬の安値水準に落ち込んだ。市場では これまで「通商合意は近い」との見方が強まっていただけに、投資家の間に失望感が一気に広がった。[6日 ロイター]』

 

≪GW明け 今週の相場見通し≫

GW中、5日までは平穏な海外市場でしたので、GW明けは22500円付近の堅調スタートをイメージしていましたが、上記のようにトランプ大統領の10日から25%に引き上げると表明したことが相場を一変させました。

 

米中貿易協議の行方は世界景気を占う意味でも市場で最も注目されていましたので、インパクトも大きかったです。

しかも今週は荒れやすいSQ週です。相場がGW中のイベントなどをある程度織り込んだ後は決算発表銘柄が売買の中心になると思います。あとは連休明けデイトレなど短期銘柄で何かないかと物色することも予想されますのでザラバ中、またレポートしたいと思います。

─────────────────────

《スウィング推奨銘柄・フォロー》

─────────────────────

【8306 三菱UFJ】株価549円 +0.5

 

買い目安:565円〜570円台の買い

目標値:598円   ロスカット:再設定します。

 

米長期金利の下落は金融株にとってはマイナス要因ですが、大発会(1/4)538円‐(1/7)545円のマド下限538円付近まで下値があるかもしれません。

550円割れは年初来の下値圏に見えます。

期待としたら、消費増税延期論が浮上⇒(悪い)長期金利上昇⇒金融株上昇のシナリオもあります。

───────────────

《監視銘柄・フォロー》

───────────────

【6058ベクトル】 株価 1317円 +2

 

買い目安:1280円〜1300台の買い

目標値目安:1400円〜1570円  ロスカット目安:1250円割れ

4月16日以降の下落相場での戻りの勢いが感じられなかったので、下値もみ合いが続く可能性があります。出来高増加に伴う反発がきっかけになると思います。

 

24日戻り高値1344円形成後は 下値も上値も切り下げる悪いパターンが続いています。

22日安値1258円割れはロスカットになります。

期待としたらGW明けかもしれません。

□□□□□□□□□□□□□

※GW中、いくつか注目銘柄は絞り込みましたが、GWの終盤に海外市場が急変しており、和元年最初の週明けの相場を見ながらザラ場様子を見ながら 短期銘柄をご紹介していきます。

————-株式投資のリスクについて————-

「当社の投資助言や情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。株式等の有価証券の取引に際しては、株式市場等の相場の変動や発行会社の信用状態の悪化、取引した有価証券の流動性の低下等により、損失を生じるおそれがあります。取引を開始する際または継続する際には、『リスクについて』の記載を十分にご理解の上行ってください。当社に対してお支払いいただく報酬の額につきましてはHP『会員コース説明』の記載をご参照ください。

■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■

ブライアン投資顧問 【福岡財務支局長(金商) 第76号】

株式会社ディーティーシー  担当 畠添

福岡県福岡市中央区赤坂1-14-22

センチュリー赤坂門ビル6F

URL:http://www.bullbear-dtc.com/

TEL:092-732-1098

info@bullbear-dtc.com

関連記事

  1. ★BR後場レポート 11月21日(水) (13:40)      

  2. ★BR前場レポート 10月17日(水) (11:20)

  3. ★BR A会員 銘柄レポート6月27日(金)(10:30)

  4. ★BR大引レポート9月6日(木)(18:00)   

  5. ★BR大引レポート 6月14日(木) (17:50)      

  6. ★BR A会員大引レポート1月6日(月)(18:10)

  7. ★BR A会員前場レポート1月14日(火)(11:30)

  8. ★BR銘柄レポート 1月31日(木) (13:40)         …

ブライアン投資顧問 無料コンテンツ

ブライアン投資顧問無料メルマガ

株式投資の極意、相場のバイブルを無料提供!

ブライアン投資顧問Youtube

相場状況、日経平均のチャート分析、注目銘柄などをわかりやすく解説しています。

ブライアン投資顧問公式ブログ

畠添武士のマーケットリサーチ。相場観とテクニカル分析で株式市場を斬る!日本株、短期銘柄を中心に情報提供!

ブライアン投資顧問 会員プラン

ブライアン投資顧問 会員プラン

相場環境(地合い)や個別材料などを元にテクニカル分析を駆使し、今後上昇する可能性の高いと見込まれる銘柄をご提案。資金効率重視で短期勝負の方向けにデイトレ~5営業日の利益確定を目標とし、買値から5%UPを目標と致します。

新着記事

  1. 畠添武士の独り言

    3/23(金)(15:00)今週もお疲れさまでし…
  2. 畠添武士の独り言

    3/22(木)(13:30)休み明け、QRコード…
  3. 畠添武士の独り言

    休み明けの注目株
  4. 畠添武士の独り言

    休み明けの短期銘柄配信します

コラム:カテゴリー