有料版ブライアンポートフォリオ 第356号(11/18~11/22)★☆★

───────────────────────────────────

★☆★ 有料版ブライアンポートフォリオ 第356号(11/18~11/22)★☆★

───────────────────────────────────

 

《15日大引》

 

◎日経平均  23303.32(+161.77)

◎売買高   13.6億株

◎売買代金  2.2兆円

◎騰落レシオ 127.26%

◎25日線かい離 +2.29%

◎日経平均PER・・・13.84

◎日経平均1株利益・・・1683円

◎空売り比率・・・40.4%

◎日経平均VI・・・14.27(+0.02)

◎米10年債 ・・・1.943%

◎10年国債356回債・・・-0.065%(+0.025)

─────────

≪市場情報≫

AKIBA株を日々公表銘柄に指定

▽新株落ち=〔東証1部〕因幡電産、アバント、セグエG、M&Aキャピ〔東証2部〕ダイコー通産、uprは28日

─────────

≪15日 米国市場≫

・NYダウ  28004.8 +222.93

・ナスダック 8540.83 +61.81

・S&P500 3120.46 +23.83

・CME日経先物12月限(円建て)23365円(大阪比+ 25円)

・NY原油先物WTI1バレル=57.90

・ドル円:108円60銭台、ユーロ円:120円10銭台(8時現在)

 

米国株式市場は主要3株価指数が最高値を更新。 SP500は6週連続で上昇。週間の連続上昇記録としては約2年ぶりの長さだった。NYダウは初めて2万8000ドル台に乗せた。クドロー米 国家経済会議委員長は14日、中国との通商協議について、両国が電話で緊密に連絡を取り合っていると明らかにするとともに、協議は極めて建設的で合意は近いとの認識を示した。

米中貿易協議の進展期待を誘う米高官らの発言報道を受けて、投資家心理が改善した。主要な米株価指数がそろって過去最高値を更新し、相対的に安全資産とされる米国債に売りが優勢だった。ただ、11月のNY連銀製造業景況指数や、10月の輸入物価指数や鉱工業生産指数など、市場予想を下回る米経済指標の発表が相次いだのが債券買いの材料となり、下値は限られた。(日経記事参考)

─────────

《日経主な見出し》

 

為替と日本経済(上) 揺らぐ「円安歓迎論」マイナス効果3倍に 輸出は連動弱く

創薬、上場しやすく 金融庁・東証が条件緩和

中国の香港支配、デモで加速。一線越えた情勢、大学も「戦場」に 「一国二制度」変質鮮明

世界の半導体10社、増益転換 7~9月、データ拠点の需要回復

孫氏の経営は「ぼろぼろ」か

メキシコ、投資減少で停滞 米関税上げ懸念拭えず。中銀、3会合連続で利下げ

BRICS、米をけん制 経済協力前面に結束 ロシアや中国

レノボ、世界初の画面畳めるパソコン 5G対応機なども発

製造業の苦戦「想定以上」 4~9月期決算 記者座談会 。米中摩擦の影濃く 非製造業は堅調、最高益も

上場企業、純利益14%減 4~9月期最終集計 電気機器は54%減

MTG、決算発表延期 前期、韓国で社内調査

細る「株価10倍」銘柄。上昇持続のけん引役不在

かんぽ生命、4カ月ぶり高値 業績上方修正を好感

日経ジャスダック、年初来高値を更新 好材料銘柄に買い

※日銀、ETF買い見送り 最長 市場が緩和縮小懸念

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52273460W9A111C1EA3000/?n_cid=TPRN0026

※株、バブル後高値の条件 円安持続や業績底入れ

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52210660V11C19A1PPE000/?n_cid=TPRN0026

────────────────

≪今週の相場見通し≫

先週15日、転換線は23148円⇒23326円へ上昇。下向きの5日線も23323円で引けましたので、週明け23300円台をがっちりキープできれば14日安値23062円が底値になり今週24000円台へ向けて上昇が続く可能性もあります。ただ週明け23000円台をキープできなければ調整が続くとみています。

 

15日の米長期金利は1.833%と横ばいなのでドル円相場や日本株へのインパクトは限定的でしょう。ただ米中貿易協議の進展次第では、上値トライの期待が膨らんできます。さらに「幻のSQ値」となっている8日の23637円を超えてくると上げに弾みが付く可能性があります。

 

需給面では、投資部門別株式売買動向によると、海外投資家は6週連続の買い越しとなっていることから、引き続き大型株優位の展開が見込まれます。また先週14日で決算発表が一巡しましたので、物色の矛先がマザーズ市場など小型物色のグロース株物色の流れになるかどうかにも注目していきます。

────────────────

◎YOUTUBEの相場状況の動画一覧はこちらから

動画では、気になる日経記事や、チャート分析や、IPOなど注目銘柄情報などについて解説しています。

https://www.youtube.com/channel/UCc0hzLnnT9rk3fCyWLxN2BA?view_as

※Youtubeでチャンネル登録されますと、動画UPの通知が登録アドレスに配信され、閲覧しやすくなります。

───────────────────

《18日 参考銘柄・NEW》

───────────────────

【4435 カオナビ】株価6100円+440

 

買い目安:5800円〜6000円台の買い

目標値:ロスカット:ともに買値より±5%メド

 

マザーズ銘柄なので参考銘柄としました。14日決算発表があり 下記の通り良くありませんが、高い技術力持つ将来性のある成長株なので人気なのでしょう、決算発表明け15日急騰しました。5/14と8/14の決算発表直後も急騰しましたので 今回もそのイメージで上昇したのだと思います。

テクニカルでは 15日終値で一目雲上5974円に乗せ、一目三役好転。75日線5490円がわずかに右肩上がりへ変化し 25日線5391円が75日線を上抜くGCが近いことなどが出すきっかけです。

3/15新規上場の際、野村アセット(野村投信)が買っているとの噂がありましたが やはり大株主に記載されています。高値で売り損じたのか、それとも当初から中長期で保有目的なのかわかりませんが 後者のような気もします。

 

[14日に発表した2020年3月期中間決算の経常損益は-5百万円であった。また同日発表された業績予想によると通期の経常損益は-351百万円を予想、IFISコンセンサスより弱気の見通しとなっている。(株予報より)]

□□□□□□□□□□□□□□□□□

※18日付け株式新聞の新興市場欄での注目銘柄は好決算銘柄で「6096レアジョブ」、「3135Mエンター」、「4435カオナビ」、ジャスダックでは、「7071アンビス」、「2488日本サードパーティ」などでした。ご参考までに。

───────────────────

《15日 短期推奨銘柄・フォロー》

───────────────────

【8001 伊藤忠】株価2400円+40

 

買い指示:2351円〜2390円台の押し目買い

目標値:2498円   ロスカット:2270円割れ

 

上記記載のように、海外投資家は6週連続の買い越しとなっていることから、引き続き大型株優位の展開が見込まれます。2400円台は史上最高値圏なので高値警戒感はありますが、買い方の回転は効きやすい位置にあります。

───────────────────

《15日スウィング推奨銘柄・フォロー》

───────────────────

【8306 三菱UFJ】株価 582円+4

 

買い指示:571円台〜580円台の買い

目標値:609円   ロスカット:550円

 

上記記載のように、海外投資家は6週連続の買い越しとなっていることから、今週も海外投資家の買いが続くと、引き続き大型株優位の展開が見込まれます。

15日の米長期金利は1.833%と横ばいですが、ここからの米長期金利上昇するかどうかがメガバンクのカギを握っているとみています。

───────────────────

《14日短期推奨銘柄・フォロー》

───────────────────

【6502 東芝】株価3650円-105

 

買い指示 :3700円〜3800円の押し目買い

目標値 :3980円   ロスカット:3500円割れ

 

右肩上がりの25日線が3676円(14日)→3677円(15日)と横ばいに変化しつつあり、ここは正念場です。

今週は25日線上抜けが課題となります。7日安値3560円が下値支持線です。

チャートがあまり良くないので不安の方もいらっしゃるかと思いますが、11月パラボリックが陽転したことが心理的な強気要因です。月足雲上限3517円割れをロスカットとします。

————————-株式投資のリスクについて————-

「当社の投資助言や情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。株式等の有価証券の取引に際しては、株式市場等の相場の変動や発行会社の信用状態の悪化、取引した有価証券の流動性の低下等により、損失を生じるおそれがあります。取引を開始する際または継続する際には、『リスクについて』の記載を十分にご理解の上行ってください。当社に対してお支払いいただく報酬の額につきましてはHP『会員コース説明』の記載をご参照ください。

■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■

ブライアン投資顧問 【福岡財務支局長(金商) 第76号】

株式会社ディーティーシー  担当 畠添

福岡市博多区博多駅前4-4-21グリーンビル6F

URL:http://www.bullbear-dtc.com/

TEL:092-432-6693

info@bullbear-dtc.com

関連記事

  1. ★BR A会員大引レポート3月3日(火)(17:50)

  2. ★BR A会員銘柄レポート4月25日(木)(10:50)

  3. ★BR大引レポート 6月4日(月) (18:10)

  4. ★BR前場レポート 7月17日(火)(10:30)

  5. ★BR前場レポート6月28日(木)(11:10)

  6. ★BR前場レポート 8月3日(金) (10:40)

  7. ★BR大引レポート9月6日(木)(18:00)   

  8. ★BR A会員前場レポート2月7日(金)(11:30)

ブライアン投資顧問 無料コンテンツ

ブライアン投資顧問無料メルマガ

株式投資の極意、相場のバイブルを無料提供!

ブライアン投資顧問Youtube

相場状況、日経平均のチャート分析、注目銘柄などをわかりやすく解説しています。

ブライアン投資顧問公式ブログ

畠添武士のマーケットリサーチ。相場観とテクニカル分析で株式市場を斬る!日本株、短期銘柄を中心に情報提供!

ブライアン投資顧問 会員プラン

ブライアン投資顧問 会員プラン

相場環境(地合い)や個別材料などを元にテクニカル分析を駆使し、今後上昇する可能性の高いと見込まれる銘柄をご提案。資金効率重視で短期勝負の方向けにデイトレ~5営業日の利益確定を目標とし、買値から5%UPを目標と致します。

新着記事

  1. 畠添武士の独り言

    3/23(金)(15:00)今週もお疲れさまでし…
  2. 畠添武士の独り言

    3/22(木)(13:30)休み明け、QRコード…
  3. 畠添武士の独り言

    休み明けの注目株
  4. 畠添武士の独り言

    休み明けの短期銘柄配信します

コラム:カテゴリー