株価とVI 連動の妙 同時上昇、強気転換の兆し

株価とVI 連動の妙 同時上昇、強気転換の兆し (28日 日経記事より)

https://www.nikkei.com/paper/article/?b=20180828&ng=DGKKZO34639010X20C18A8EN1000

日経平均株価は27日、4月以来となる5日続伸。売買代金はまだ少ないものの、膠着感が強かった株式相場が上放れるのではないかとの期待も徐々に高まってきた。こうした見方を後押ししたのは、27日に上昇した日経平均ボラティリティー・インデックス(日経平均VI)。株価と同指数の同時上昇は、過去には相場が長期上昇に転じる起点になることが多かった。経験則は今回も生きるのか。

「相場上昇の期待が出てきた」。変化を感じ始めている。日経平均が197円上昇した27日、日経平均VIも一時3%近く上昇した。日経平均は先週の21~24日も上昇したが、いずれの日も日経平均VIは低下していた。

日経平均VIは今後1カ月の日経平均の予想変動率を表す指標で、日経平均オプションの価格から算出される。振れ幅が大きくなるとみる投資家が増えると日経平均VIの値も大きくなる。一般に株価の変動幅は下落時のほうが大きくなりやすいので、日経平均VIは相場下落への警戒感が高まった時に上昇しやすい。

実際、日経平均が1000円超下落した今年2月6日には、日経平均VIは前日の20.45から31.02に跳ね上がった。つまり、日経平均と日経平均VIは逆向きに動くことが多い。

だが、まれに相場上昇と日経平均VIの上昇が連動することがある。

例えば、アベノミクス相場が始まった2012年11月。日経平均VIは16台まで低下したあと反転した。

 

17年8月も、日経平均VIが12ポイントを底に上昇に転じたあと、日経平均が上昇基調になった。

日経平均と日経平均VIがそろって上昇したのは、オプション市場で現値より高い水準のコール(買う権利)の売買が増えたのが背景だった。

急な相場上昇に備えたヘッジが目的だ。

今回も同じ現象が起きているのだろうか。「コール買いの動きは出てきていない」と話す。

日経平均VIを引き上げているのは仕組み債の動向だ。

日経平均連動の仕組み債を組成する場合、組成者はボラティリティーそのものを売ってリスクをヘッジする。

 

足元ではトルコリラの急落などで仕組み債の組成が減っている。

ボラティリティーを売る動きも減り、日経平均VIが上がりやすくなっているようだ。

一方、相場の転換点につながる動きは、現物株市場にも出始めているとの指摘がある。

 

「アジアの半導体関連や新興株が買われたのは、リスクオンが復活し始めた証拠」と語る。

今年の日本株は「楽観→楽観修正」や「悲観→悲観修正」の「行って来い相場」を約30日周期で繰り返している。

 

今は悲観の修正局面で、29日前後まで続くというのが高田氏の見立てだ。

裏返せば「29日以降も堅調なら、楽観相場に変わった可能性がある」。

 

日経平均VIと日経平均の同時上昇がこうした可能性を先取りした動きだとすれば、転換点はそこまで迫っている。

関連記事

  1. 日銀、ETF買いに異変 「ステルス縮小」市場に思惑

  2. 「億り人」の極意 相場急変こそチャンス

  3. LINE、減益でも株高 決済「100万カ所」が焦点

  4. 4592 サンバイオ 

  5. 変わらぬ為替のウィンブルドン現象

  6. 気を吐くIPO銘柄  海外マネー流入 成長力期待

  7. 下げに転じる株200日線 魔物すむ秋に油断禁物

  8. 株、気掛かりな「急落翌月は低迷」の経験則 業績未達銘柄の多さに不安

ブライアン投資顧問 無料コンテンツ

ブライアン投資顧問無料メルマガ

株式投資の極意、相場のバイブルを無料提供!

ブライアン投資顧問Youtube

相場状況、日経平均のチャート分析、注目銘柄などをわかりやすく解説しています。

ブライアン投資顧問公式ブログ

畠添武士のマーケットリサーチ。相場観とテクニカル分析で株式市場を斬る!日本株、短期銘柄を中心に情報提供!

ブライアン投資顧問 会員プラン

ブライアン投資顧問 会員プラン

相場環境(地合い)や個別材料などを元にテクニカル分析を駆使し、今後上昇する可能性の高いと見込まれる銘柄をご提案。資金効率重視で短期勝負の方向けにデイトレ~5営業日の利益確定を目標とし、買値から5%UPを目標と致します。

新着記事

  1. 畠添武士の独り言

    3/23(金)(15:00)今週もお疲れさまでし…
  2. 畠添武士の独り言

    3/22(木)(13:30)休み明け、QRコード…
  3. 畠添武士の独り言

    休み明けの注目株
  4. 畠添武士の独り言

    休み明けの短期銘柄配信します

コラム:カテゴリー