弱気サイン、本格調整局面入りか

チャート&データ: 弱気サイン、本格調整局面入りか (19日付け日経より)

https://www.nikkei.com/paper/article/?b=20181219&ng=DGKKZO38939200U8A211C1EN2000

チャート上で弱気のサインがともっている。14日に日経平均株価の中期的なトレンドを示す13週移動平均線(2万2416円)が、26週移動平均線(2万2461円)を下回った。短期の平均線が長期線を上から下に突き抜ける「デッドクロス」を形成。チャート分析上は株価が下落局面に入ったことを示す。

デッドクロスは8カ月前の4月6日以来だが、M証券のm氏は「今回は状況が異なる」と指摘する。4月は26週は上向きだったが、今回は13週、26週とも下向きだ。

同じようなデッドクロスは15年9月にもでき、その後日経平均は16年半ばまで調整した。

チャート上のサインはあくまで経験則にすぎない。

ただ世界経済の先行きが不透明な中で、中長期的な調整局面入りを示すサインは投資家心理に重くのしかかる。「当面は節目の2万1000円を維持できるかが焦点」と弱気な声も聞かれる。

関連記事

  1. ソニー、自社株買い1000億円 株主還元で初

  2. 注目リポートから 「中国関連株に3つの底入れ要因 」

  3. 株に「売られすぎ」サイン 裁定買い残低水準 短期的な反発も

  4. 景気敏感株は買い場か。在庫循環 春には底入れも

  5. 株価とVI 連動の妙 同時上昇、強気転換の兆し

  6. 日銀、ETF買いに異変 「ステルス縮小」市場に思惑

  7. 大型ばら積み船の用船料、7カ月ぶり高値 1週間で4割上昇

ブライアン投資顧問 無料コンテンツ

ブライアン投資顧問無料メルマガ

株式投資の極意、相場のバイブルを無料提供!

ブライアン投資顧問Youtube

相場状況、日経平均のチャート分析、注目銘柄などをわかりやすく解説しています。

ブライアン投資顧問公式ブログ

畠添武士のマーケットリサーチ。相場観とテクニカル分析で株式市場を斬る!日本株、短期銘柄を中心に情報提供!

ブライアン投資顧問 会員プラン

ブライアン投資顧問 会員プラン

相場環境(地合い)や個別材料などを元にテクニカル分析を駆使し、今後上昇する可能性の高いと見込まれる銘柄をご提案。資金効率重視で短期勝負の方向けにデイトレ~5営業日の利益確定を目標とし、買値から5%UPを目標と致します。

新着記事

  1. 畠添武士の独り言

    3/23(金)(15:00)今週もお疲れさまでし…
  2. 畠添武士の独り言

    3/22(木)(13:30)休み明け、QRコード…
  3. 畠添武士の独り言

    休み明けの注目株
  4. 畠添武士の独り言

    休み明けの短期銘柄配信します

コラム:カテゴリー