株に「売られすぎ」サイン 裁定買い残低水準 短期的な反発も

株に「売られすぎ」サイン 裁定買い残低水準 短期的な反発も (日経朝刊より)

https://www.nikkei.com/paper/article/?b=20181220&ng=DGKKZO39147100Z11C18A2EN2000

日本株に「売られすぎサイン」がともっている。需給バランスを示す指標の一つである「裁定買い残高」はおよそ2年3カ月ぶりの低水準で推移する。将来の売り圧力は小さく、短期的な自律反発も見込める水準だ。

 

裁定買い残高は、先物との価格差で利ざやを稼ぐ裁定取引の持ち高を示す。買い残高が積み上がる局面では株価が上昇する場合が多く、株安の局面では残高が減少することが多い。

裁定取引を行う投資家は一定程度存在しているとみられ、買い残高が急激に減少した後には、新たな収益機会を狙った取引が入りやすい。前の年から株安基調が続き、裁定残を一時、3億株前後まで減少させた2016年は、買い残高が増えながら年末にかけて株価は上昇基調を強めた。

東京証券取引所が2営業日遅れで発表している日々の裁定買い残(株数ベース)によると、17日時点の裁定買い残高は約3億2000万株で、16年9月以来の低水準だった。19日に発表した14日時点の金額ベースの買い残高は7277億円。1兆円を下回るのは16年11月以来だ。

19日の東京株式市場で日経平均株価は約9カ月ぶりに2万1000円を下回った。裁定取引の持ち高解消が進んできた中で、日経平均は下落してきた。

今後は、裁定取引の持ち高を積み増す動きが出やすく、現物株に買いが入って「相場が上昇しやすい状況になっている」とみられる。

株価の底入れを示すサインは他の指標でもみられる。値上がり銘柄数を値下がり銘柄数で割って算出する「騰落レシオ」は、東証1部銘柄(25日移動平均、19日時点)で78.6%と、「売られすぎ」の目安とされる80%を3日連続で下回っている。

 

日経平均のPER(株価収益率)は11倍台と、アベノミクス相場が始まる前の12年10月の水準まで切り下がった。「さすがに割安感がある」として下値は限定的とみる市場関係者は多い。

ただ、世界経済の先行きが不透明な中、当面は本格的な反転は見込みにくいとの見方は多い。市場では「米市場動向にもよるが年内は2万1000~2万2000円台のボックス圏で推移しそう」との声がある。

関連記事

  1. LINE、減益でも株高 決済「100万カ所」が焦点

  2. 12月21日(金) (13:30)期待の新人【4427 Edulab】…

  3. 1月25日(金) (14:40)景気敏感株は買い場か。電子部品株 仕込…

  4. 日銀、ETF買いに異変 「ステルス縮小」市場に思惑

  5. 1月23日(水) (13:40)不況下の株高続くか・・・

  6. 「不況下の株高」の予兆。悲観の揺り戻し 16年と相似

  7. マザーズ復調 潮目好転。けん引役登場など追い風

ブライアン投資顧問 無料コンテンツ

ブライアン投資顧問無料メルマガ

株式投資の極意、相場のバイブルを無料提供!

ブライアン投資顧問Youtube

相場状況、日経平均のチャート分析、注目銘柄などをわかりやすく解説しています。

ブライアン投資顧問公式ブログ

畠添武士のマーケットリサーチ。相場観とテクニカル分析で株式市場を斬る!日本株、短期銘柄を中心に情報提供!

ブライアン投資顧問 会員プラン

ブライアン投資顧問 会員プラン

相場環境(地合い)や個別材料などを元にテクニカル分析を駆使し、今後上昇する可能性の高いと見込まれる銘柄をご提案。資金効率重視で短期勝負の方向けにデイトレ~5営業日の利益確定を目標とし、買値から5%UPを目標と致します。

新着記事

  1. 畠添武士の独り言

    3/23(金)(15:00)今週もお疲れさまでし…
  2. 畠添武士の独り言

    3/22(木)(13:30)休み明け、QRコード…
  3. 畠添武士の独り言

    休み明けの注目株
  4. 畠添武士の独り言

    休み明けの短期銘柄配信します

コラム:カテゴリー