三菱商、脱・割安株に期待。株主還元や成長分野に投資… 稼ぐ「3兆円」使い道カギに

三菱商、脱・割安株に期待。株主還元や成長分野に投資… 稼ぐ「3兆円」使い道カギに

2019/4/4付日経記事より

https://www.nikkei.com/nkd/company/article/?DisplayType=1&n_cid=DSMMAA13&ng=DGKKZO43303530T00C19A4DTA000&scode=8058&ba=1

三菱商事など大手商社7社は2019年3月期にそろって過去最高益を更新し、増配でも足並みをそろえた。三菱商の3月末の株価は1年前より7%高と日経平均株価(1%安)を上回って推移。株式市場は同社がこれから3年間で稼ぎ出す3兆円の実質的な営業キャッシュフロー(CF、現金収支)の行方を注視している。

商社全般に対する市場の評価は高くない。7社のうち住友商事や三井物産、伊藤忠商事の3社の直近1年の下落率は日経平均よりもきつい。5~9倍台の予想PER(株価収益率)、4%前後の配当利回りと指標面では買いサインがともるが、世界景気の先行き懸念から買われにくくなっている。

確かに足元の業績は鈍化している。18年10~12月期の7社合計の純利益は2四半期連続で減った。まだ米中貿易摩擦の影響が表れていなかった夏前と状況は変わり「影響は多少顕在化してきた」(三井物の内田貴和最高財務責任者)。市場は「今の業績がピークでは」(国内証券)とみている。

しかし、純利益だけにとらわれると稼ぐ力を見誤る。実は7社合計の18年10~12月期の営業CFは7~9月期を上回った。減益とはいえ、現金流出を伴わない減損損失などが多かったからだ。こうした潤沢な現金をどう活用するかが商社株の行方を左右する。

そこで市場が関心を寄せるのが、今後3年間で7社で最大となる3兆円の実質営業CFを稼ぎ出す三菱商だ。
まず株主還元。22年3月期を最終年度とする中期経営企画では、配当性向目標を前期の31%から35%に引き上げた。さらに5月にかけて2000億円規模の自社株買いに踏み切る可能性がある。

しかし、商社株には資源関連の権益取得や市況次第で収益がぶれやすいといった特有のリスクがある。市場では「積極的な株主還元はもはや必要最低条件」との声が聞かれ、三菱商株も一段の上昇には具体的な成長シナリオが欠かせない。

中計では純利益を9000億円(前期推定は6400億円)に高める目標を掲げ、達成に向けて抜本的な組織再編に動いた。4月1日から社長直轄組織を設置。各グループに配置した横連携の担当者と事業構想を立案する体制に変更した。事業間の境目をなくして相乗効果を最大化しようと、商社特有の縦割り意識にメスを入れた。

自動車や食料、IT(情報技術)など非資源分野でのM&A(合併・買収)や既存事業強化などの成長投資にも計3兆円を投じる。18年秋にSUV(多目的スポーツ車)向け大口径タイヤなどで強みをもつ東洋ゴム工業(現TOYO TIRE)を持ち分法適用会社にしたように、成長性が見込める案件を今後も模索する。収益増が見込めない資産の売却も進めて資金を捻出する。

三菱商株にじわりと買いが入っているのは市場の期待の表れかもしれないが、「あと1歩」が不可欠だ。株主還元と成長を両立する意志を明確にし中計の数値目標の大枠や目標達成に向けた体制は示した。しかし、どの事業案件にどの程度の資金を投じるのかなど詳細な計画は開示していない。

三菱商など大手商社は平成時代に非資源分野を徐々に強化し、資源市況に左右されにくい事業構造を模索してきた。併せて積極的な配当政策によって「商社=高還元」という一定のイメージを定着させた。

それでも、還元性向5割超えを基本とする海外企業と比べれば「稼ぐ力の割には満足できる水準からはなお程遠い」(外資系証券)。令和の時代に「万年割安株」を返上できるかどうか。三菱商の「3兆円」の使い道が新たな商社像のモデルになる。

関連記事

  1. 11月19日(月)(13:50)ひと~つ 【6871 日本マイクロニク…

  2. 米予防的利下げのワナ 観測受け先高観、バブルの懸念

  3. 新型洋上風力が北九州で始動 日立造船や丸紅など

  4. 【NY株ハイライト 荒ぶる相場に明るい兆し 年金マネーが買い出動の観測…

  5. 8月30日(木)(14:00)今後の投資対象はTOPIX組み入れの小型…

  6. 「億り人」の極意 相場急変こそチャンス

  7. ニッケル・銅、価格上昇。国際相場、米中摩擦緩和見込む

  8. 12月21日(金) (13:30)期待の新人【4427 Edulab】…

ブライアン投資顧問 無料コンテンツ

ブライアン投資顧問無料メルマガ

株式投資の極意、相場のバイブルを無料提供!

ブライアン投資顧問Youtube

相場状況、日経平均のチャート分析、注目銘柄などをわかりやすく解説しています。

ブライアン投資顧問公式ブログ

畠添武士のマーケットリサーチ。相場観とテクニカル分析で株式市場を斬る!日本株、短期銘柄を中心に情報提供!

ブライアン投資顧問 会員プラン

ブライアン投資顧問 会員プラン

相場環境(地合い)や個別材料などを元にテクニカル分析を駆使し、今後上昇する可能性の高いと見込まれる銘柄をご提案。資金効率重視で短期勝負の方向けにデイトレ~5営業日の利益確定を目標とし、買値から5%UPを目標と致します。

新着記事

  1. 畠添武士の独り言

    3/23(金)(15:00)今週もお疲れさまでし…
  2. 畠添武士の独り言

    3/22(木)(13:30)休み明け、QRコード…
  3. 畠添武士の独り言

    休み明けの注目株
  4. 畠添武士の独り言

    休み明けの短期銘柄配信します

コラム:カテゴリー