新型洋上風力が北九州で始動 日立造船や丸紅など

https://www.nikkei.com/nkd/company/article/?DisplayType=1&n_cid=DSMMAA13&ng=DGXMZO45076950R20C19A5X13000&scode=7004&ba=1

[日経記事 5/21 18:23]

日立造船や丸紅などが新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と共同で開発した洋上風力発電が21日に北九州市内で実証運転を始めた。出力は3000キロワットで、一般家庭約3000世帯分の消費電力を賄うことができる。風車を海に浮かべて発電する「浮体式」の中でも、国内初の方式を採用した。実証運転は2021年まで行い、運転や保守管理などのノウハウを積み上げる。

日立造船などが開発を手掛けた洋上風力が実証運転を開始した。

日立造船が設計を手掛けた鉄製のドーナツ型の浮体の上に風車を建て、海に浮かべて発電する。浮体式の洋上風力では、海面下に100メートル程度の鉄柱を延ばし、鎖で海底に固定する方式が欧州などでは多く取り入れられている。

しかし、今回の新型洋上風力の場合は、浮体が海面に沈む部分は約7.5メートルと少なく、水深50メートル程度の陸地に近い海域に設置できる。送電や維持管理のためにかかるコストを抑えることができる。風車の羽根は3枚が一般的だが、2枚にすることで軽量化とコスト削減につなげた。

今後は5000キロワット規模まで大型化し、施工や発電にかかるコストを減らして商用化を目指す。
遠浅の海が少ない日本にとっては浮体式の洋上風力が有効とされており、海底に風車を固定する「着床式」と比べて約5倍の導入可能面積があるとの見方もある。

政府が18年に策定したエネルギー基本計画では、全電源に占める風力発電の比率を17年度の3倍弱に引き上げる計画だ。

NEDOの及川洋副理事長は今回の実証実験を通じて「我が国における洋上風力の成果を一歩前に進めていく」と意気込む。

※関連銘柄 7004 日立造船 29日株価358円 -7

 

 

関連記事

  1. 株価に底入れサイン。騰落レシオや空売り比率 2万2000円台で値固めも…

  2. 「2枚羽根で風力実験。浮体式洋上 コストの壁」

  3. ソニー、自社株買い1000億円 株主還元で初

  4. 変わらぬ為替のウィンブルドン現象

  5. 12月21日(金) (13:30)期待の新人【4427 Edulab】…

  6. 東証、1部にスピード移行。2部東芝の早期復帰に道 基準緩和、厳格化に逆…

  7. LINE、減益でも株高 決済「100万カ所」が焦点

  8. 9月10日(月)(14:20) キャッシュレス関連に注目!!

ブライアン投資顧問 無料コンテンツ

ブライアン投資顧問無料メルマガ

株式投資の極意、相場のバイブルを無料提供!

ブライアン投資顧問Youtube

相場状況、日経平均のチャート分析、注目銘柄などをわかりやすく解説しています。

ブライアン投資顧問公式ブログ

畠添武士のマーケットリサーチ。相場観とテクニカル分析で株式市場を斬る!日本株、短期銘柄を中心に情報提供!

ブライアン投資顧問 会員プラン

ブライアン投資顧問 会員プラン

相場環境(地合い)や個別材料などを元にテクニカル分析を駆使し、今後上昇する可能性の高いと見込まれる銘柄をご提案。資金効率重視で短期勝負の方向けにデイトレ~5営業日の利益確定を目標とし、買値から5%UPを目標と致します。

新着記事

  1. 畠添武士の独り言

    3/23(金)(15:00)今週もお疲れさまでし…
  2. 畠添武士の独り言

    3/22(木)(13:30)休み明け、QRコード…
  3. 畠添武士の独り言

    休み明けの注目株
  4. 畠添武士の独り言

    休み明けの短期銘柄配信します

コラム:カテゴリー