《工作機械株にアク抜け感》

工作機械株にアク抜け感が広がってきた。この日は前日発表の8月工作機械受注(速報値)の悪化が逆風になるかと思いきや、全体相場の好調にも乗って値上がりする銘柄が多かった。また、ツガミや東芝機械は前月比で受注が増加するなど改善の兆しをみせている。

8月の受注総額の速報値は前年同月比37%減の883億円だった。水準は13年4月以来6年4カ月ぶりの低さとなり、厳しい事業環境が改めて示された。ただ、比較対象となる前年の受注実績は10月以降切り下がるため、依然として底打ちへの期待が残っている。

また、前月比13%減となった総受注額に対し、個社ベースではツガミが同13%増、東芝機が58%増にそれぞれ拡大し、前年同月比のマイナス幅も26%、12%と比較的小さい。「外需が中国などで持ち直した」(ツガミ)ことや、「建機向けや金型向けの回復」(東芝機)が背景にある。また、補助金の追い風を受けたオークマも前月比で受注が拡大した。

<工作機械受注>

19年 18年

1月 1254億円 1544億円

2月 1097億円 1552億円

3月 1307億円 1829億円

4月 1087億円 1631億円

5月 1085億円 1492億円

6月 1593億円 989億円

7月 1511億円 1013億円

8月 883億円  1404億円

9月        1535億円

10月       1396億円

11月       1316億円

12月       1355億円

*19年8月は速報値

[09-11 株式新聞ニュース ]

////////////////////////////////////////////////

日本工作機械工業会は26日、今年の受注総額の見通しを1.25兆円(従来1.60兆円)に下方修正した。ただ、中国を中心に市場には底入れムードが強まっている。

同工業会がまとめた8月の工作機械受注(確報値)は、前年同月比37%減の885億円となった。総額が900億円を割り込むのは6年4カ月ぶり。内需は補助金効果も限定的で375億円(同40%減)、外需も509億円(同35%減)と低迷した。

同工業会の飯村幸生会長・東芝機械会長が「世界景気の先行き不透明感がしばらく設備投資を下押しする」として減額した年間見通しは、過去最高となった前年実績を3割超下回る。スマートフォン製造機械の需要低迷で落ち込んだ16年並みの低水準だ。

ただ、単月ベースの受注は「8月が底」と飯村会長は話す。半導体関連や5G(次世代高速通信システム)絡みの案件に引き合いが出てきたといい、来年4~6月あたりにトレンドも上向くと読む。各国の経済・金融政策の効果も想定している。

1-8月の受注総額は前年同期比31%減の8717億円となった。修正見通しからはじく9月以降の月平均は946億円。また、季節性を踏まえても9月は8月比で拡大しやすい。焦点の中国向けは8月が113億円(前年同月比40%減)にとどまったが、6月以降は110億-120億円前後のレベルに落ち着いている。

株式市場ではオークマ<6103>やファナック<6954>などの工作機械株が、既に8月を底に上昇に転じつつある。日工会の見方はこうした動きを追認するものだ。ゴールドマン・サックス証券は26日付で、両銘柄の投資判断を「中立」から「買い」に引き上げた。

ツガミ<6101>や牧野フライス製作所<6135>、DMG森精機<6141>、THK<6481>なども含め、受注の回復を先取りする展開が当面続く可能性がある。OKK<6205>やエンシュウ<6218>、高松機械工業<6155>といった小型株もマークしたい。

[ 09-27   株式新聞ニュース]

関連記事

  1. 株2万3000円射程入り 「今期も増益」買い誘うか

  2. 一段高狙うファンド勢 「悲観修正」の先回り買い

  3. 1月8日(火) (14:40)本日も急落後の戻り継続。IPOにチャンス…

  4. JT、「アイコス崩し」で業績に上振れ期待

  5. ニッケル・銅、価格上昇。国際相場、米中摩擦緩和見込む

  6. 【NY株ハイライト 荒ぶる相場に明るい兆し 年金マネーが買い出動の観測…

  7. 株、上放れサイン点灯か。移動平均線、変動を示唆

  8. 変わらぬ為替のウィンブルドン現象

ブライアン投資顧問 無料コンテンツ

ブライアン投資顧問無料メルマガ

株式投資の極意、相場のバイブルを無料提供!

ブライアン投資顧問Youtube

相場状況、日経平均のチャート分析、注目銘柄などをわかりやすく解説しています。

ブライアン投資顧問公式ブログ

畠添武士のマーケットリサーチ。相場観とテクニカル分析で株式市場を斬る!日本株、短期銘柄を中心に情報提供!

ブライアン投資顧問 会員プラン

ブライアン投資顧問 会員プラン

相場環境(地合い)や個別材料などを元にテクニカル分析を駆使し、今後上昇する可能性の高いと見込まれる銘柄をご提案。資金効率重視で短期勝負の方向けにデイトレ~5営業日の利益確定を目標とし、買値から5%UPを目標と致します。

新着記事

  1. 畠添武士の独り言

    3/23(金)(15:00)今週もお疲れさまでし…
  2. 畠添武士の独り言

    3/22(木)(13:30)休み明け、QRコード…
  3. 畠添武士の独り言

    休み明けの注目株
  4. 畠添武士の独り言

    休み明けの短期銘柄配信します

コラム:カテゴリー