4月24日(水) (14:40)【7048 ベルトラ】急反発。【8058三菱商事】寄付き売り。

◎平日寄り前のメルマガ配信では、騰落レシオ、25日線かい離 、日経平均PER、日経平均1株利益、空売り比率、日経平均VI、米10年債、長期金利などのテクニカル指標や、≪市場情報≫≪米国市場≫《日経朝刊ニュース 主な見出し》などを情報提供させていただいております。

無料メルマガ登録ご希望の方はこちらから↓

http://archives.mag2.com/0000290585/

 

24日寄り前配信済みのメルマガ(一部抜粋)↓

 

《23日大引》

 

◎日経平均  22259.74(+41.84)

◎売買高   9.9億株

◎売買代金  1.9兆円

◎騰落レシオ 93.89%

◎サイコロ  9勝3敗 ●〇●〇〇〇〇〇●〇〇〇

◎25日線かい離 +2.42%

◎日経平均PER・・・12.59

◎日経平均1株利益・・・1767円

◎空売り比率・・・43,0%

◎日経平均VI・・・15.56

◎米10年債(指標銘柄)・・・2.569%(-0.022)

◎長期国債354回債・・・-0.035%(-0.004)

 

※本日日経平均プラスで サイコロジカル10勝2敗となりますが、マイナスで引けそうです。

───────────────

☆株式相場は楽観に傾斜 近づく「5月に売り逃げろ」 (4/24 5:30 日経記事より)

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44098190T20C19A4000000/

 

『「米ウォール街には「セル・イン・メイ(5月に売り逃げろ)」という相場格言がある。実際、1950年以降のダウ工業株30種平均の月間騰落率を平均すると、4月まではプラスが続くが、5月は横ばい、6月は0.3%のマイナスになる。

50年以降の日米の株価指数の年間変動パターンを振り返ると、日経平均は年間で平均11.0%上昇するうち、11月から4月までに9.0%上昇し、5月から10月までは2.0%の上昇にとどまっている。ダウ平均は年間で平均8.3%上昇するうち、11月から4月までに7.7%上昇し、5月から10月までは0.6%の上昇にすぎない。「株はハロウィーン(10月末)に買え」「5月に売り逃げろ」といわれるゆえんだ。

VIXやVSTOXX、日経平均VIなどの恐怖指数が再び上昇し始める懸念がある。恐怖指数は15年以降、約5カ月ごとに急上昇し、市場参加者を慌てさせてきた。前回の高騰から5カ月がすぎようとしている。」』

 

※上記日経記事は、「GW前の今週は ポジション下げてGW迎える。あるいは5月の高いところでは売り逃げる。」などの印象を受けました。

 

一方で強気材料としては、「東証1部の時価総額に占める信用買い残の比率は0.35%と、リーマン・ショックの後に市場心理が冷え切っていた2009年4月10日(0.35%)以来の低水準。外人の日本株保有も5年ぶり低水準。だから5月相場は強気で行くべき。」との見方もあり、私は後者の強気で行きたいです。

 

ただし、米国市場の下げからのVIX指数急騰には注意しながらとなります。

──────────────────────────────

YOUTUBEの相場状況の動画一覧はこちらから

動画では、気になる日経記事や、チャート分析や、IPOなど注目銘柄情報などについて解説しています。

https://www.youtube.com/channel/UCc0hzLnnT9rk3fCyWLxN2BA?view_as

Youtubeでチャンネル登録されますと、動画UPの通知が登録アドレスに配信され、閲覧しやすくなります。

─────────────────────

★ A会員レポートでは短期銘柄をご紹介★

─────────────────────

【7048 ベルトラ】1360円+95

 

23日買い1270円 ⇒ 24日高値1390円(上昇率 +15.7%)

 

10連休関連。23日安値1216円は75日線1209円に最接近したところで底と見て配信。

24日急騰し、タイミングの良いトレードとなりました。

 

またスウィングでは【8058 三菱商事】24日寄付き3068円でフォロー終了としました。

──────────

強気材料としては、

 

東証1部の時価総額に占める信用買い残の比率は0.35%と、リーマン・ショックの後に市場心理が冷え切っていた2009年4月10日(0.35%)以来の低水準。

 

外人の日本株保有も5年ぶり低水準。

 

だから5月相場は強気で行くべきとみております。

 

テクニカル面では 日経平均株価の13週移動平均線が26週移動平均線を下から上に突き抜ける「ゴールデンクロス」が15日に発生しました。

 

GW明け7日の取引は令和元年 初日の取引。

 

過去35回の5連休以上の休み明けの日経平均2%の以上の上昇率は約40%。

 

5月6日の米国3指数がどの位置で戻ってくるのか。

 

A会員レポートではスウィングでは東証1部主力の外需株。

 

小型株では中国関連や小型成長株などをご紹介しております。

 

 

◆↓会員お申し込みはこちらから↓◆

会員コース案内

————-株式投資のリスクについて————-
「当社の投資助言や情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。株式等の有価証券の取引に際しては、株式市場等の相場の変動や発行会社の信用状態の悪化、取引した有価証券の流動性の低下等により、損失を生じるおそれがあります。取引を開始する際または継続する際には、『リスクについて』の記載を十分にご理解の上行ってください。当社に対してお支払いいただく報酬の額につきましてはHP『会員コース説明』の記載をご参照ください。

 

関連記事

  1. 1月24日(木) (9:10)マザーズ市場にチャンスあり!

  2. 8月2日(木)(14:30)保土ヶ谷急騰に続く、決算発表明けより上昇が…

  3. 10月26日(金)(15:10)テクニカル面から今日の急落場面を検証し…

  4. 7月6日(金)(14:40)市況好転銘柄で底値買い銘柄配信、そして発進…

  5. 商社株に続く人気業種に育つことを予想して本日配信しました。

  6. 5/24(木)(15:00)仮想通貨新規参入の【3994 マネーフォワ…

  7. 12月13日(木) (17:30)★人気IPO【7044 ピアラ】連続…

  8. 8月8日(水)(14:30)本日、【3996 サインポスト】に続く小型…

ブライアン投資顧問 無料コンテンツ

ブライアン投資顧問無料メルマガ

株式投資の極意、相場のバイブルを無料提供!

ブライアン投資顧問Youtube

相場状況、日経平均のチャート分析、注目銘柄などをわかりやすく解説しています。

ブライアン投資顧問公式ブログ

畠添武士のマーケットリサーチ。相場観とテクニカル分析で株式市場を斬る!日本株、短期銘柄を中心に情報提供!

ブライアン投資顧問 会員プラン

ブライアン投資顧問 会員プラン

相場環境(地合い)や個別材料などを元にテクニカル分析を駆使し、今後上昇する可能性の高いと見込まれる銘柄をご提案。資金効率重視で短期勝負の方向けにデイトレ~5営業日の利益確定を目標とし、買値から5%UPを目標と致します。

新着記事

  1. 畠添武士の独り言

    3/23(金)(15:00)今週もお疲れさまでし…
  2. 畠添武士の独り言

    3/22(木)(13:30)休み明け、QRコード…
  3. 畠添武士の独り言

    休み明けの注目株
  4. 畠添武士の独り言

    休み明けの短期銘柄配信します

コラム:カテゴリー