8月29日(木)(14:40)米、超長期国債の発行検討はポジティブ材料か・・・

◎YOUTUBEの相場状況の動画一覧はこちらから

動画では、気になる日経記事や、チャート分析や、空売り銘柄など注目銘柄情報などについて解説しています。

https://www.youtube.com/channel/UCc0hzLnnT9rk3fCyWLxN2BA?view_as

※Youtubeでチャンネル登録されますと、動画UPの通知が登録アドレスに配信され、閲覧しやすくなります。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

◎平日寄り前のメルマガ配信では、≪市場情報≫≪米国市場≫≪日経主な見出し≫≪今週の相場見通し≫などを情報提供させていただいております。

無料メルマガ登録ご希望の方はこちらから↓

http://archives.mag2.com/0000290585/

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

<先物市場からの情報です>↓

 

米ブルームバーグ・ニュースが報じたところによると、米トランプ政権は超長期国債の発行を非常に真剣に検討しているもようだ。ムニューシン長官はインタビューで「条件が整えば、長期借り入れを利用して実行に移すだろう」と述べた。28日の米国債券市場では、ムニューシン財務長官の発言を受けて10年債と30年債 の利回り水準は

上昇に転じた。

 

市場関係者の間からは、「ムニューシン財務長官の発言は財政支出増加を示唆するものではなく、国債残存期間の長期化に関するもの」との声が聞かれている。ただ、償還までの期間がより長い債券を多く発行すれば、米国財政の安定化に寄与するとの見方があることから、一部の市場関係者は「トランプ政権は30年債の増発や新たに20年債あるいは40年債を新設することなどを検討してもおかしくない」と指摘している。

 

※30年債の増発や、新たに20年債、あるいは40年債や50年債などを新設することで、10年債などの長期金利の利回り上昇で逆イールド解消、株高のシナリオもあります。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

[29日 ロイター] – ロイター調査によると、世界の株価は来年にかけて上昇を続ける見通しだ。中央銀行による金融緩和の見通しが相場の押し上げ要因となる半面、米中貿易戦争が重しとなり、値動きは大きくなりそうだ。

調査は株式ストラテジスト300人近くを対象に実施した。

 

世界の株価は昨年、米中が互いに制裁関税や報復関税の導入を始めたことが大きく響き、調査対象ではインドとブラジルを除く全指数が下落した。今年に入って株価は持ち直しているが、調査では17指数のうち9指数は今年末時点で大幅なマイナス圏に沈むとの予想が示された。

 

今年、世界の株式市場が大幅な調整を受ける可能性については、予想中央値が30%だった。

 

しかし来年末までには、指数の大半が18年に起きた下落分を取り戻し、それ以上にも上昇する見込み。株価の支援材料に関する追加質問では、回答したストラテジストの80%近くが、足元での世界的な金融緩和の流れが株価を押し上げると予想した。

 

バークレイズの株式戦略ヘッド、ジュリアン・ラファルグ氏は「われわれは株式について慎重な見通しをしており、相場はさらに大幅な調整に見舞われて10%以上の下落もあるように見える。そのためリスクを減らすよう勧めている。ただ、投資をあまり減らし過ぎることがないようにも警告している」と述べた。量的金融緩和やマイナス金利の政策効果が長期的に持続するかは疑問だが、短期的には株式市場の見通しにプラスなのは間違いないとした。

欧州の株価指数は来年はいくらか持ち直すものの、主要政策金利がプラスを維持している他の先進国市場に比べると出遅れる見通し。

 

日本以外のアジアの株価は上昇基調を続け、来年にかけて18年末からの上昇率が2桁となる見込み。

 

ブラジル株とメキシコ株は足元から20年末までの上昇率がそれぞれ34%近くと14%近くに達すると予想されている。

 

一方、大半の指数で来年末と来年半ばまでの見通しが下方修正されたほか、株価の見通しは悪化のリスクが高まったとする回答が70%を超えた。

 

米国株については、通商紛争による成長リスクの高まりが投資意欲をそぎ、米連邦準備理事会(FRB)の緩和効果を限定的にすると予想されることから、上昇はほぼ天井に近いとみられている。

 

世界の株式市場の強気相場がいつまで続くかについての質問では、強気相場は既に終わったとの回答は約25%にとどまり、1年以内に終わるとの予想は3分の1超、強気相場は1年以上続くとの回答が40%と見方が割れた。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

◆↓会員お申し込みはこちらから↓◆

 

https://bullbear-dtc.com/course/

 

————-株式投資のリスクについて————-
「当社の投資助言や情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。株式等の有価証券の取引に際しては、株式市場等の相場の変動や発行会社の信用状態の悪化、取引した有価証券の流動性の低下等により、損失を生じるおそれがあります。取引を開始する際または継続する際には、『リスクについて』の記載を十分にご理解の上行ってください。当社に対してお支払いいただく報酬の額につきましてはHP『会員コース説明』の記載をご参照ください。

関連記事

  1. 6月12日(水)(16:00) 【6101 ツガミ】空売り成功!!

  2. 10月23日(火)(13:40)IPOやキャッシュレス関連銘柄に続く …

  3. 8月15日(木)(14:30)【3758 アエリア】が上方修正発表後 …

  4. 10月12日(金)(15:00)【9984  ソフトバンク】他、短期ト…

  5. 12月14日(金) (14:30)来週は個人投資家中心の餅つき相場で、…

  6. 6月7日(金)(14:50)週明け寄り前には有料版BPFで短期銘柄をご…

  7. 5/30(水)(12:10)日経平均の下値めど

  8. 10月23日(水)(14:40)懐疑と共に育つ地合いの中で、今後、日本…

ブライアン投資顧問 無料コンテンツ

ブライアン投資顧問無料メルマガ

株式投資の極意、相場のバイブルを無料提供!

ブライアン投資顧問Youtube

相場状況、日経平均のチャート分析、注目銘柄などをわかりやすく解説しています。

ブライアン投資顧問公式ブログ

畠添武士のマーケットリサーチ。相場観とテクニカル分析で株式市場を斬る!日本株、短期銘柄を中心に情報提供!

ブライアン投資顧問 会員プラン

ブライアン投資顧問 会員プラン

相場環境(地合い)や個別材料などを元にテクニカル分析を駆使し、今後上昇する可能性の高いと見込まれる銘柄をご提案。資金効率重視で短期勝負の方向けにデイトレ~5営業日の利益確定を目標とし、買値から5%UPを目標と致します。

新着記事

  1. 畠添武士の独り言

    3/23(金)(15:00)今週もお疲れさまでし…
  2. 畠添武士の独り言

    3/22(木)(13:30)休み明け、QRコード…
  3. 畠添武士の独り言

    休み明けの注目株
  4. 畠添武士の独り言

    休み明けの短期銘柄配信します

コラム:カテゴリー